出羽海一門の紹介

SponsoredLink

はじめに

 

(出典: KOLME コルメ「相撲部屋」)

 

現在、相撲協会に一門は6つありますが、その中で出羽海一門は出羽海部屋、境川部屋、藤島部屋、武蔵川部屋、二子山部屋、春日野部屋、玉ノ井部屋、入間川部屋、山響部屋、木瀬部屋、尾上部屋、式秀部屋の12個の相撲部屋で構成されています。

 

今回は、これらの所属する12個の部屋について紹介したいと思います。

 

記事内容は2018年4月時点のもの

 

出羽海部屋の紹介

まず、一門の名前にもなっている出羽海部屋から紹介します。

 

出羽海部屋は、元前頭小城ノ花が師匠を務めている部屋です。

 

小城ノ花は左四つからの上手投げを強みにして入門して6年かけて関取に昇進し、その後は9年間、関取として定着しうち半分ほどは数場所の平幕上位の番付を含め幕内の土俵で活躍した力士でした。

 

現役引退後、15年半の間この四股名を含めて高崎親方として出羽海部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から4年前に部屋を継承して現在に至ります。

 

出羽海部屋があるのは、東京都墨田区で回向院の南側と隅田川の近くに位置しており、周辺には首都高速などの大きな道路や公園があります。

 

両国国技館へは徒歩10分弱で行くことができます。現在、出羽海部屋には御嶽海が唯一、関取として所属しています。

 

境川部屋の紹介

次に境川部屋は、元小結両国によって作られた部屋です。

 

両国は右四つからの寄りや上手投げなどを強みにして入門から2年で新入幕を果し、その後は6年弱ほど関取として定着し、うち半分は幕内上位の番付を経験し千代の富士から3回も金星を獲得する活躍をした力士でした。

 

現役引退後、5年半ほど中立親方として出羽海部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から20年前に独立して中立部屋を興しました。

 

その5年余り後に部屋の名前が境川部屋になり現在に至ります。

 

境川部屋があるのは、東京都足立区で埼玉県との都県境を成す川沿いに位置しており、周辺にはホームセンターやスポーツセンターがあります。

 

両国国技館へは最寄り駅の見沼代親水公園駅から乗り換え含めて50分余りで行くことができます。

 

現在、境川部屋には豪栄道、妙義龍、佐田の海の計3人の関取が所属しています。

 

藤島部屋の紹介

続いて、藤島部屋は元大関武双山が師匠を務めている部屋です。

 

武双山は突き押し相撲と左四つからの寄りを強みにして、入門から1年もかからずに新入幕を果すと11年半ほど幕内上位の番付に定着し、敢闘賞を中心に三賞を13個獲得したり通算4年半の大関生活の中で1回優勝を果たしたりするなどの活躍をした力士でした。

 

現役引退後、6年弱の間、藤島親方として武蔵川部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から8年前に名前を藤島部屋に変更する形で武蔵川部屋を継承して現在に至ります。

 

藤島部屋があるのは東京都荒川区で、台東区との境に近い所に位置しており周辺には複数の幹線通りや学校があります。

 

両国国技館へは最寄り駅の鶯谷駅から乗り換えを含めて15分程度で行くことができます。

 

現在、藤島部屋には関取はいませんが、11人の取的たちが関取を目指して稽古しています。

 

武蔵川部屋の紹介

次に、武蔵川部屋は第67代横綱武蔵丸によって作られた部屋です。

 

武蔵丸は突き押し相撲と右四つからの寄りを強みにして入門から2年で新入幕を果し、その後は12年間幕内上位の土俵に定着しました。

 

横綱に昇進するまで5回も優勝し、それ以降も7回優勝する実績を残すなどして活躍した力士でした。

 

現役引退後、9年半ほどの間この四股名を含めて振分親方として武蔵川部屋や後の藤島部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から5年前に独立して武蔵川部屋を興して現在に至ります。

 

武蔵川部屋があるのは、東京都江戸川区で荒川や中川に近い所に位置し、周辺には幹線道路や区役所などがあります。

 

両国国技館へは最寄り駅の新小岩駅から10分ほどで行くことができます。

 

現在、武蔵川部屋には関取はいませんが、18人の取的たちが関取を目指して稽古しています。

 

二子山部屋の紹介

続いて、二子山部屋は元大関雅山によって作られた部屋です。

 

雅山も武蔵丸と同じ強みを持ち、これを用いて入門から1年も経たないうちに新入幕を果たし、その後は14年間ほぼ安定して幕内の土俵に定着し、前半を中心に敢闘賞を主に三賞を8個獲得したり大関を1年半務めたりするなどの活躍をした力士でした。

 

現役引退後、5年間、二子山親方として藤島部屋に残って後進の指導に当たった後、今年の春場所後に独立して二子山部屋を興して現在に至ります。

 

二子山部屋があるのは、埼玉県所沢市で狭山市との境界付近に位置し、周辺には図書館や食品工場があります。

 

両国国技館へは最寄り駅の新所沢駅から、乗り換えを含めて70分程度で行くことができます。現在、二子山部屋には関取はいませんが、4人の取的たちが関取を目指して稽古しています。

 

春日野部屋の紹介

次に、春日野部屋は元関脇栃乃和歌が師匠を務めている部屋です。

 

栃乃和歌は突き押し相撲を強みにして入門から1年半で関取の座を掴み、その後は13年間幕内の土俵を中心に定着し、前半の5年間で三役を中心とした番付で敢闘賞など6個の三賞や金星3個を獲得するなどの活躍をした力士でした。

 

現役引退後4年半の間、竹縄親方として春日野部屋に残って後進の指導に当たった後、今から15年前に部屋を継承しました。

 

その10年ほど経った頃に、いずれも部屋が閉鎖することなどから当時の田子ノ浦部屋、二所ノ関部屋、三保ヶ関部屋の一部を吸収して現在に至ります。

 

春日野部屋があるのは東京都墨田区で、出羽海部屋よりも隅田川よりに位置しており、両国国技館へは徒歩10分弱で行くことができます。

 

現在、春日野部屋には栃ノ心、栃煌山、碧山の計3人の関取が所属しています。

 

玉ノ井部屋の紹介

続いて、玉ノ井部屋は元大関栃東が師匠を務めている部屋です。

 

栃東は左右両方の四つからの寄りと上手出し投げやおっつけを用いての押しを強みにして入門から2年で新入幕を果し、その後10年半の間は幕内の土俵に定着し、技能賞7回を含めて三賞を12個獲得したり大関時代に3回の優勝を果たしたりするなどの活躍をした力士でした。

 

現役引退後2年余りの間、この四股名のまま玉ノ井部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から9年前に部屋を継承して現在に至ります。

 

玉ノ井部屋があるのは東京都足立区で新井大師の北側に位置しており、周辺には大通りや学校などが複数あります。

 

両国国技館へは、最寄り駅の西新井大師西駅から乗り換えを含めて約40分で行くことができます。

 

現在、玉ノ井部屋には東龍が唯一、関取として所属しています。

 

入間川部屋の紹介

次に、入間川部屋は元関脇栃司が誕生させた部屋です。

 

栃司は突き押し相撲などを強みにして入門から2年半で新入幕を果し、その後7年間はほぼ安定して幕内の番付で相撲を取ることができ、2度にわたって1年近く幕内上位の土俵に連続して出場した経験の中で金星を3個や三賞を2個獲得する活躍をした力士でした。

 

現役引退後、半年余りを入間川親方として春日野部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から25年前に独立して入間川部屋を興して現在に至ります。

 

入間川部屋があるのは埼玉県さいたま市で旧与野市の市街地の近くに位置しており、周辺には幹線道路や図書館など旧与野市の施設が複数あります。

 

両国国技館へは最寄り駅の与野本町駅から乗り換えを含めて1時間少しで行くことができます。

 

現在、入間川部屋には関取はいませんが、7人の取的たちが関取を目指して稽古しています。

 

山響部屋の紹介

続いて、山響部屋は元前頭巌雄が師匠を務めている部屋です。

 

巌雄は右四つからの寄りを強みにして、入門から10年で新入幕を果し、その後3年半の間は幕内の土俵に定着し、うち数回は幕内上位の土俵を経験するなどの活躍をした力士でした。

 

現役引退後15年半ほどは、この四股名を含めて小野川親方や山響親方として北の湖部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から2年半前に山響部屋に変更する形で北の湖部屋を継承して現在に至ります。

 

山響部屋があるのは、東京都江東区で荒川や中川の川沿い近くに位置しており、周辺には学校や商業施設が複数存在しています。

 

両国国技館へは、最寄り駅の南砂駅から乗り換えを含めて30分ほどで行くことができます。

 

現在、山響部屋には関取はいませんが、11人の取的たちが関取を目指して稽古しています。

 

木瀬部屋の紹介

次に木瀬部屋は元前頭肥後ノ海によって作られた部屋です。

 

肥後ノ海は左四つからの寄りや出し投げを強みにして入門から1年余りで新入幕を果し、その後9年近く間、幕内の土俵に定着して金星を2つ獲得するなどの活躍をした力士でした。

 

現役引退後1年余りの間、木瀬親方として三保ヶ関部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から16年前に独立して木瀬部屋を興しました。

 

ただし、8年前に起こった問題などで2年弱の間、北の湖部屋に吸収させた時期もありました。

 

木瀬部屋があるのは東京都墨田区で首都高速が走る川沿いに位置しており、周辺には複数の大通りなどがあります。

 

両国国技館へは、徒歩15分ほどで行くことができます。

 

現在、木瀬部屋には臥牙丸、徳勝龍、英乃海、明瀬山、志摩ノ海の計5人の関取が所属しています。

 

尾上部屋の紹介

続いて、尾上部屋は元小結濱ノ嶋によって作られた部屋です。

 

濱ノ嶋は前褌を掴んでからの寄りを強みにして入門から2年で新入幕を果し、その後7年半の間幕内の土俵に定着し、うち数場所で幕内上位の番付に上がって殊勲賞を獲得するなどの活躍をした力士でした。

 

現役引退後2年余りの間、尾上親方として三保ヶ関部屋に残って後進の指導に当たった後、今から12年前に独立して尾上部屋を興して現在に至ります。

 

尾上部屋があるのは東京都大田区で住宅街に位置しており、周辺には学校や商業施設が複数あります。

 

両国国技館へは最寄り駅の池上駅から乗り換えを含めて50分ほどで行くことができます。

 

現在、尾上部屋には関取はいませんが、15人の取的たちが関取を目指して稽古しています。

 

式秀部屋の紹介

最後に式秀部屋は元前頭北桜が師匠を務めている部屋です。

 

北桜は左右両方の四つからの寄りを強みにして入門から10年半をかけて関取に昇進し、その後は10年半の間ほぼ関取として定着し、2回にわたって半年以上幕内の土俵を務めるなどして活躍した力士でした。

 

現役引退後3年弱の間、小野川親方として北の湖部屋に残って後進の指導に当たったのち、今から5年前に父親の縁などにより元小結大潮から式秀部屋を継承して現在に至ります。

 

式秀部屋があるのは茨城県龍ヶ崎市で取手市と牛久市との境に近い線路沿いに位置しており、周辺には沼地や幹線道路があります。

 

両国国技館へは最寄り駅の佐貫駅から乗り換え含めて75分ほどで行くことができます。

 

現在、尾上部屋には関取はいませんが、19人の取的たちが関取を目指して稽古しています。

 

まとめ

 

(出典: パレスサイドビル「回向院の相撲興業②」)

 

これらのように、出羽海部屋を筆頭として出羽海一門に属する12個の相撲部屋にはそれぞれの特徴と歴史があると言えます。


応援お願い致します!
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

-相撲部屋
-, , , , , , , , , , , ,